就学支援金が、年収910万円以下の家庭は受け取れると決まりました。年収などで区切ってしまうことに対する賛否両論はありますが、国の定めた条件に当てはまる家庭は高校生でも、支援金が給付されるということです。通信制高校でもこの支援は受けることができます。


通信制高校では授業料ではなく74単位分の給付

通信制高校では単位を履修するその申込数によって、授業料が異なります。高校卒業に必要な資格は74単位となっていますので、就学支援金も74単位分を受け取ることができるそうです。ただし、授業料は修得した単位ではなく、単位の申し込みの数だけかかります。この点は充分に注意しましょう。また74単位とは最低の単位数です。これ以上の単位の履修も生徒が希望するのなら可能です。


1単位4812円の給付

1単位4812円と就学支援金では決まりました。つまり授業料は自分が通いたいとおもう通信制高校の単位の値段から4812円をひいた金額となります。私立の場合は1単位の値段が高校によって違いますので、通信制高校の資料などをしっかりと確認して学費を予測することができるでしょう。これ以外に、学校が独自に奨学金制度を設けている場合もあります。また市区町村が支援を行っていることもありますので、まずは学校窓口や、市区町村の相談窓口に相談してみましょう。