通信制高校ではスクーリングという学校に登校する日以外を、自宅学習で過ごします。レポートという教科所のセクションごとに解く問題を提出する必要があるのですが、このレポートや自宅学習も、時代に併せてどんどん進化しています。


スマホなどで問題を解いて提出できるものも

レポートをパソコンやスマートフォンなどから提出できる通信制高校もあるそうです。また先生が授業を行っている映像をビデオカメラで撮影し、それを生徒いつでも見ることができるように配信している通信制高校もあります。時間や場所を問わずに、学習ができるので、生徒もあいている移動時間などにどんどん学習を進められるというメリットがあります。


校外学習スタイルのスクーリングを取り入れる通信制高校も

スクーリングを、集中スクーリングとして校外学習で行う通信制高校もあります。分校を全国に置き、本校を自然のあふれるところに指定し、その本校でキャンプファイアーや山登りなどで過ごすスクーリングです。このようなスタイルを集中スクーリングなどと呼んでいて、生徒同士の絆を深めるとともに、大人になったらなかなか体験できない自然とのかかわりを持たせるという目的があると言われています。