通信制高校は公立と私立があり、全日制高校と同様に、「うちの学校ならでは」の特徴を持たせることに尽力しているのが私立です。


<費用面の大きな違い>

通信制高校を公立と私立、また私立の中でも費用面はかなり負担が違います。公立は、高等教育を希望する学習者が経済的な理由で断念せざるえないような状況を出来る限り回避できるよう、費用面は抑えられています。その変わり自主性に委ねられますので、継続させる努力は大いに求められます。対する私立は、高額です。しかしサポート体制の充実やサポート校の存在によって、卒業やさらなる進学、就職への意欲を損なわないように、様々な方面からフォローが成されています。そのフォロー体制に個々の特徴も現れています。


<勉強や社会生活に不安がある場合には>

通信制高校を選択する学習者の「選択した理由」には、様々なものがあります。経済的な、また身体的なハンディキャップだけが理由であれば、公立が有意義です。しかしいじめや不登校、学校に馴染めないといった理由から通信制を選択した場合には、通信制の形態に求めるものが変わってきます。勉強だけではなく、精神的なフォローも必要とされることがあるでしょう。再び社会生活に飛び込んでいく足がかりとして通信制の選択があったならば、私立の特徴的なフォロー体制の違いを見て選択してゆくと、満足できる学校を見つけることが出来ます。

外部参考サイト・・・・通信制高校選びはウェルカム通信制高校ナビから!